知ってましたか?いまどきの通信制高校事情


通信制高校での授業の受け方

最近の通信制高校での授業の受け方は、e-ラーニングが中心になっています。スマホやパソコンで授業の動画を視聴して、課題を提出して単位を取るというかたちです。以前の通信制高校の勉強の仕方は、ひとりで教科書を読んで分からないところはスクーリングで先生に質問するという、独学中心のものでした。すこし孤独感がありましたよね。しかし最近ではインターネットで質問などできるので、分からないところをすぐに質問できる勉強しやすい環境があります。不登校生徒の増加により、通信制高校がその受け皿として注目されています。

通信制高校のさまざまな授業

高校卒業資格を取得するだけでなく最近の通信制高校では、卒業後の生徒の進路を考えて特色のあるカリキュラムがあります。たとえばプログラミングの授業を取り入れている学校もあります。現役のエンジニアが講師を務める授業で、最新の技術を学べます。中国語や英語の外国語を学べる授業もあります。大学受験をめざすコースも。「通学したほうが勉強がはかどる。」と思った生徒のために、通学制の高校を併設している学校もありさまざまです。いろいろなカリキュラムをとりそろえ、生徒が授業に興味を持ち積極的に取り組むことで、社会性を身に着けることができることを目指しています。今後もこのようにさまざまな学びのかたちが生まれていくでしょう。勉強したくても学校にいけない生徒が、学べる場所があるのはいいことですよね。問題のある通信制高校もあってニュースに取り上げられたりしましたが、しっかりとしたカリキュラムを取り入れている通信制高校が増えるといいですね。

通信制高校を名古屋で探すなら、自分らしい夢に向かって学習できて、相談もできる学校を比較しながら選ぶことがポイントです。