デビットカードを使ったあとに銀行口座にお金が入金されることがあるのはなぜ?


利用代金の一部がキャッシュバックされた

デビットカードを利用すると、なぜか銀行口座に入金があることが珍しくありません。なぜこういったことが起こるのでしょうか。まず考えられるのが利用代金に応じたキャッシュバックです。クレジットカードにも同様のシステムが存在しますが、ポイントなどで還付されるのであまり目立ちません。デビットカードのキャッシュバックは、クレジットカードのものと比べると還元率はあまり高くないですが、だいたい利用金額の0.5パーセントから1パーセント程度戻ってくることが多いです。一万円の買い物をデビットカードで行えば、50円から100円程度、銀行口座に入金されることになります。

海外で買い物をした場合に為替の調整で返金された

為替の調整によってお金が戻ってくることもよくあります。外国で直接買い物をした場合、あるいは日本からネットを通じて海外のショップで買い物をしたときに起こりやすく、デビットカードを利用したときの為替と、その利用分が売り上げ情報として銀行に送られた時点の為替の差によって発生したお金が返金されるのです。ただ、戻ってくるばかりではなく、代金が引き落とされた数日後にさらに引き落とされてしまうこともあるので注意が必要です。デビットカードを発行している銀行が独自に行っているキャンペーンに当選し、お金が入金されるというケースも少なくありません。たとえば、一万円や十万円といった買い物をデビットカードで行った人に抽選で五千円をキャッシュバックするといった内容です。これはかなりラッキーな例といえるでしょう。

ネットショップを運営する上では決済代行の利用が欠かせません。自身で様々なクレジットカード会社と契約を行うのは多くの時間と手間が掛かります。知識も必要となるので上手く活用して効率的に行う様にしましょう。