iDeCOで投資デビュー!ほったらかしで節税効果も?


コストと節税効果のバランスも見ながら

ほったらかし投資を実践していくうえで活用したいのが、iDeCOです。資金を増やしつつ、節税もできるお得な仕組みですよ。60歳までは引き出せない仕組みなので、老後資金の準備に適しています。自分で老後に備えるための制度で、掛け金の上限は、会社員や専業主婦など属性によって異なります。掛け金が全額所得控除の対象になるので、給与収入のあるパートや会社員、加えて自営業者など税金をがっつり節税したい人は利用するといいでしょう。運用益に関しては、どの属性であっても非課税ですよ。保有中はずっと口座維持手数料がかかるので、運用益と節税分がコスト負けしないように金融機関や商品を選んでいきましょう。

60歳まであとどれくらい?

ライフスタイルの変化やイベントごとも多い30代の間は、まず制度を利用せずに500万円程度の貯蓄を最優先しましょう。20代前半で結婚したり、すでに家族の形が見え、ライフイベントもひと段落したところなら、30代からiDeCOをスタートしても問題ありません。また、40代から考えるのなら、45歳からスタートさせて15年間は掛け金の上限いっぱいで運用するといいですよ。そして、現在、50代の人は、運用できる期間が最長で10年になります。iDeCOの制度上、10年以上運用した人が、60歳からの受け取り可能となっているので、その計算が狂わないように気を付けましょう。もちろん、10年以下でも61歳以降に順次受け取りが可能です。50代でのスタートなら、なるべく上限いっぱいの拠出額で、65歳の受け取りを目安にiDeCOを利用するといいでしょう。

iDeCOとは個人型確定拠出年金の事で、老後の為に投資信託などの金融商品で毎月積み立てていく事です。