資金調達をしたい方必見!ファクタリングのメリット・デメリット


そもそもファクタリングって何?

ファクタリングとは、会社が所有している未回収の売掛金をファクタリング会社へ売却することで、売上金を先に回収し現金化する方法です。売掛金が入金されるまでに時間がかかる・金融機関に融資を断られてしまった・取引先や銀行などに知られることなく資金を調達したい、このような状況にある会社はファクタリングを利用した方が良いです。

会社を運営していると、商品の受け渡しは済んでいるけれど支払い期日までに日数があるのでまだ入金がないということも少なくありません。効率よく運営を続けるには、すぐにキャッシュフローできるファクタリングは、とても便利なサービスなのです。

会社は、ファクタリング会社に手数料を支払うと同時に売掛金をもらいます。債権の回収はファクタリング会社に移行するので、結果的に手数料さえ支払えば購入者の支払いを待たずにすぐに現金化ができる仕組みです。

ファクタリングのメリット・デメリットとは?

ファクタリングのメリットは、資金調達が簡単にできることです。金融機関での融資は経営状態が影響しますが、ファクタリングは担保が不要で審査にも通りやすいです。仮に売掛先が倒産しても、ファクタリング会社に対して支払いのリスクがないのも大きなメリットに挙げられます。

ファクタリングのデメリットとして最初に挙げられるのが、手数料です。ファクタリングには2社間で行うものと3社間で行うものの2種類があります。例えば、前者の手数料は約20%で、100万円の売掛金は20%の手数料を払って80万円現金として戻ってきます。また、ファクタリングは売掛金を現金化するサービスなので、そもそも売掛金がなければ利用することはできません。

ファクタリングとは、他人が所有する売掛債権を買い取り、その債権の回収を行う金融サービスのことを言います。