個人型確定拠出年金で資産運用!老後の資金にする!


個人型確定拠出年金で資産運用

個人型確定拠出年金は預けた資金を使って資産運用することができます。老後に受けとるための資金ですから、リスクが高い投資対象は避けて安全性を優先する投資が大事になります。そのために投資信託や債券などを中心に運用すると、安全性が確保されることが多いでしょう。ただし、完全に安全というわけではありませんので、その点を認識して運用することが重要です。リスクがあるからこそリターンがあります。リスクをできるだけ減らして、リターンが大きくなる資産運用方法を学び、老後に残す資金を増やすましょう。また、資産運用をするときに、片寄った投資対象だけを選ばないようにすることも大切です。バランスをとった資産運用の配分にすると、リスクを軽減する効果があります。

資金は毎月積み立てる

個人型確定拠出年金では、資金を毎月の積み立てで作ることができます。貯金ができない人はこの積立てで資金を作ると、無理なく資金を作れます。大きな資金を作ってから投資を始める必要がないので、すぐに始めることができるでしょう。小さな資金から資産運用できるので大きなリスクになることがなく、初心者にとっては勉強期間になります。その期間で資産運用に関する知識を溜めることができれば、その後の資産運用に活用できるでしょう。

税金がかからないのがメリット

個人型確定拠出年金には税金がかかりません。資産運用をしているとほとんど場合税金がかかりますので、その点は大きなメリットです。投資信託で儲けた利益の20%を税金として毎年納めることを考えると、そのメリットの大きさが分かるでしょう。

個人型確定拠出年金を利用するメリットとしては、年金資金を貯めながら、毎年の確定申告で所得控除が受けられる点が挙げられます。