イデコを上手に活用して老後資金を作りましょう!


イデコとは個人型確定拠出年金の愛称です

イデコは「iDeCo」というスペルを読んだものですが、重要なポイントは個人で老後資金を作るための制度ということです。老後の資金と言いますと、国民年金や厚生年金がすぐに思い浮かびますが、これらの公的年金だけではゆとりのある生活を送るには足りないのが実状です。そこで足りない分を自分で備える必要がありますが、それに役立つのがiDeCoという制度です。
具体的には、60才までの間に掛け金を出して投資信託や保険などの金融商品を選んで運用し、60才以降に運用した資産を受け取る制度です。

イデコ(iDeCo)のメリットとデメリット

iDeCoで最も身近に感じられるメリットは節税効果です。掛け金が全額所得控除されますので所得税や住民税が安くなります。次のメリットは運用で得た利益に税金がかからないことです。普通は投資信託で得た利益や定期預金の利息には20%くらいの税金がかかりますが、iDeCoでは「税金はかからない」ことになっています。
また、受け取る際にも退職所得控除や公的年金等控除がありますので節税になります。そのほかには、運用に際して一般に販売されている金融商品よりもコストが低くなっているというメリットがあります。
ではデメリットはどのようなものがあるかといいますと、最大のデメリットは60才になるまで資産を引き出せないことです。さらに注意が必要なのは中途解約ができないことです。人によってはかなり厳しい制約となりますのでそれなりの覚悟が必要です。そのほかには口座開設・維持に手数料がかかることにも注意が必要です。

イデコとは、個人型確定拠出年金とも言われ、老後の資産形成に役立つ制度。毎月一定額を積み立てて運用し、掛金は所得控除の対象となります。