注目度上昇中の仕事!社会保険労務士とは?


労務に関るスぺシャリスト

国家資格を有して活躍するスペシャリストといえば弁護士や公認会計士などが有名ですが、近年になって注目度を増してきているのが社会保険労務士です。

社会保険労務士は社会保険や労務管理等に関する書類の作成や相談対応、指導などを主な業務とする専門職で、厚生労働省が所管する国家資格となっています。具体的な仕事内容としては、企業や個人が職業安定所や年金事務所などに提出する各種届書の作成や提出の代行、就業規則・給与規定等の作成や改廃、労働トラブルの解決や防止に関する助言・指導などが挙げられます。

法令順守やトラブル防止に役立つ存在

社会保険労務士が注目を集めている背景には、雇用をめぐる環境の変化が挙げられます。非正規雇用や派遣就労の増加、変形労働時間制の採用など、わが国における働き方のバリエーションは年々増加する傾向にあります。また、職場におけるメンタルヘルス対策やハラスメント対策などの重要性も高まってきています。

こうしたことから、労務に関する専門知識を有し、トラブルを未然に防止したり職場環境を改善したりするのに役立つアドバイスを提供してくれる存在として、社会保険労務士が人気を呼んでいるのです。

働き方には2種類ある

社会保険労務士の働き方は、大きく分けて2種類あります。

1つは開業型で、これは弁護士や税理士、司法書士といった他の国家資格と同じように、事務所を開設して企業と顧問契約を結んだり、個人からの年金相談に応じたりして報酬を得るというものです。個人営業が一般的ですが、一定の要件を満たせば法人格を取得することも可能です。

もう1つは勤務型で、一般企業の総務部門や人事部門に勤務し、社員の身分を持ちながら社会保険労務士としての業務を行うというものです。

社会保険労務士の就業規則は法改正に基づいて随時アップデート、働き方改革にもスピーディーに対応可能です。