通信教育で高卒の資格を取れば大学受験も出来るよ


通信制高校とはどんなところ

通信制高校は全日制高校や定時制高校とは異なり毎日登校する必要は有りません。自宅学習が中心で、学校が定めた回数のレポートを作成、提出し、添削指導を受けます。直接教師の指導を受ける機会はスクーリングと呼ばれる面接指導の時だけです。スクーリングは月2回程度が主流のようです。こうして3年以上の在籍期間内に全ての必修科目(74単位)を修得すれば晴れて高校卒の資格が得られるのです。高卒の資格を得るという事は同時に大学受験資格を得るという事であり、更には様々な国家資格受験資格をも得るという事なのですから、人生の大きな慶事と言ってもよいでしょう。ここに通信制高校が果たす大きな意義が有ります。

通信制高校のメリット・デメリット

通信制高校のメリットの一つは何と言っても学費の安さです。特に公立の通信制高校は私立の通信制高校と比べると安さが際立ちます。全日制高校と比べれば天と地ほどの違いが有ります。次にあげたいのは登校日が少なく、一日の時間も自由に使える点です。通学に要する時間なども少ない分自分の好きな趣味やスポーツに時間を割くことが出来ます。他には、全日制や定時制の高校より少人数なので、登校時の雰囲気がアットホームなところです。デメリットは、基本独学なので強い意志を持ち続けないと途中で挫折しかねないという点です。かと言って通信制サポート校に安易に頼れば費用が一気にかさみます。私立の全日制高校に通うのと何ら変わらないような金額になりかねません。通信制高校を選ぶ時には気を付けねばなりません。

通信制高校を埼玉の近くで見つけるなら、東京のフリースクールに高校コースがあります。通信制高校と提携しており、フリースクールやホームスクールで学びながら3年で高校を卒業できます。