離婚したいのに相手が応じてくれない?弁護士に間に入ってもらおう!


離婚トラブルの解決を望むときは

離婚は二人が納得できる方法を選択しなければ、いわゆる泥沼という状態になってしまう可能性があります。それを避けたいと考えていても、当事者同士の話し合いだけでは、難しい面もあるでしょう。もしも、泥沼状態に突入しそうな予感があるのなら、弁護士を雇ったほうがよいです。話がこじれてしまうと、相手が意固地になってしまい、本来よりも解決が大変になる可能性があるからです。それではしなくてもよい苦労をすることになるので、弁護士に間に入ってもらって、離婚トラブルを解決してもらいましょう。

離婚トラブルは離婚専門の弁護士へ

離婚のことで困っているのに、税金を得意とする弁護士に話を持っていっても意味がありません。やはり、別れることを望むのなら、離婚を得意とする弁護士を探して、仕事を受けてもらいましょう。離婚を専門にする事務所がいるので、そこに在籍する弁護士の中から、自身の力になってくれる方を選ぶとよいです。なお、当たり前ですが相手側も弁護士を雇う可能性があります。そのことからも、依頼する弁護士の選定はとても重要なのが分かるでしょう。

何も分からないなら無料相談を利用する

離婚について何も分からないのなら、基本的なことを教えてもらうために、初回の相談料が無料の弁護士を活用しましょう。30分から1時間ほどの無料相談時間があるため、有意義な話し合いができるはずです。ちなみに、費用は弁護士が所属している事務所のホームページで調べられます。法律関係以外の質問で時間を消費するのは勿体ないので、費用については事前にチェックしておくとよいでしょう。

mikataでは弁護士直通ダイヤルと悩みごと相談ダイヤルサービスが標準装備、困ったときにスピーディーな相談が可能です。