欠陥住宅問題は専門家に相談するのがベスト!


欠陥住宅は法的対応をとれる場合がある!

欠陥住宅例えば家が傾いている場合は、法的対応がとれる場合があります。具体的には瑕疵担保責任と言うもので、この場合傾いている家の売主に対して何とかしてよ、と言うことができます。ただ、瑕疵担保を売主に対して言う場合には、家が傾いていることを知った日から1年以内に請求しないといけません。他には家の傾きについて不法行為責任を追及することができますがこの場合の請求期間は、被害や加害者を知ってから3年、又は、被害が生じてから20年となります。瑕疵担保責任・不法行為責任は条文だけ見ると素人でも対応できそうに感じますが、本当に理解するには少なくない時間がかかることでしょう。条文だけでなく判例の理解も必要になります。場合によっては間違った理解をしてしまうこともあり、その場合事態はさらに大変なことになることもあります。

弁護士に依頼した場合はメリットが多い!

欠陥住宅の問題解決を弁護士に依頼する場合はお金がかかります。支払いに関しては弁護士により異なりますが、成功報酬型の事務所の場合は着手金を最初に払って、結果が出た場合に得られた利益から%分を支払います。相手にいくら請求をするかは請求内容により異なりますが、着手金以上のお金を相手からとれる可能性が高い場合は、プラスになります。仮に、相手方に請求を全くしない場合は自分の懐にお金は全く入りません。むしろ、欠陥住宅の問題を解決するためのお金を自分で払うことになるので、マイナスになる場合があります。弁護士に依頼すれば、書類提出や聞き取りなどはありますが、委任関係なのであとは弁護士が上手くやってくれます。この様に、欠陥問題を弁護士に依頼する場合はメリットが多いのでおすすめです。

弁護士保険「ミカタ」に月額保険料2,980円で加入すると、少しのトラブルにも気軽に弁護士に相談できます。弁護士費用が原因で相談できないという心配はありません。