どっちが良い??公立と私立のそれぞれの特徴について


費用やサポートに関して

通信制高校に行くのであれば、まず公立か私立にするかを決めなければいけません。前者にしておくメリットは、何と言っても学費が安く済むという点でしょう。一般的に三年間の学費は十万円程度で良いと言われています。それに対して私立の場合は、どの通信制高校に行くのかでかなりの差があります。卒業するまでに四十万円前後で良いところもあれば、最低でも百万円は必要になる通信制高校があるのです。

ただし私立の良いのは、手厚いサポートが受けられることが多い点です。例えば中学校にはほとんど通えていない、あるいは勉強について行けなかったという人も少なくありません。その場合は何年か遡って勉強をやり直してくれるところも少なくありません。公立は基本的に自己責任なので、自分のやる気次第になります。

日程やそれ以外に見ておきたいところ

公立の通信制高校を選んだ場合、テストの日や授業の日程に関しては事前に決まっていることが多いです。そのため行っても行かなくても良い状態だとサボってしまいそう、といった人には向いています。私立の方は比較的スケジュールが自由になっていて、自分の都合に合わせて通うことが可能です。こちらは働きながら勉強しているため、時間がないといった人が選ぶと良いでしょう。

それから公立では一般的な高校に通った時と同じように文化祭や体育祭、部活動などが行えます。また学校の行事に出席することで、単位が取得できるようになっている場合がほとんどです。私立にも公立と同じ行事があるのに加えて、簿記やマナー研修など就職する際に有利になるような資格を取れたり学べたりします。

通信制高校なら熊本の隣県・大分に本校がある、山口の高校の学習センターがあります。出席日数を気にして学校に行かなければならないと自分を追い込む必要はありません。生徒の適性に合わせながらサポートします。