心理学を専門に学べる大学を選ぶポイントとは?


将来に役立つ心理学の大学を探してみよう

大学で心理学を本格的に学びたい場合には、実践的なカリキュラムのあるところを進学先に選ぶことがおすすめです。特に、数ある大学の中でも、社会心理学や行動心理学などの実績のある教授が揃っているところや、演習や実習などの時間が長く設定されているところは、多くの高校生の間で人気が高まっています。また、心理学の専門知識を活かしてカウンセラーや相談員などの仕事に就くためには、在学中から資格取得に励んだり、インターンシップに参加したりすることが大事です。なお、臨床心理士などの高度な専門職を目指すにあたっては、院試のサポートが充実している大学を選ぶこともポイントです。

四年間の学費について調べてみよう

四年制大学で心理学を専攻する場合には、他の文系の学科と比べて実習や実験などの機会が多い傾向があるため、入学前に四年間の学費についてしっかりと調べておくことが大事です。また、認定心理士や心理カウンセラーなどの資格取得を目指すにあたっては、取得が必要な単位が増えるため、学費の負担の少ない大学を選ぶことがおすすめです。最近では、心理学専攻の優秀な学生を対象に、給付型の奨学金を支給したり、学費の減免を行ったりする大学も増えています。

そのため、学費の心配をせずに心理学を学ぶうえで、卒業生の就職実績や在学中の学生の支援の内容に注目をしながら、進学先を決めることが大事です。その他、学費の負担を最小限に抑えるために、通信制の心理学の大学を探してみるのも良いでしょう。

心理学の大学は現在では非常に人気の高い大学になりました。ストレス社会で活躍出来る資格を取得出来る事も背景にあります。